基本設計のまとめです。

今年こそどこか家族旅行を!と思いながらも、いつも気がつくとすでに休みに入っていて、ゴールデンウィークにそこから予約がとれるわけもなく。。

お引渡し後、造園工事にお伺いしました。 この建物は、中庭ありきのプランで家中の目線が南庭のシンボルツリー廻りに集まるようお作りしてきていたので、中庭への思い入れが強く、あれこれお願いして造園屋さんを困らせてしまったのですが、粘り強くお付き合いいただき、ようやく施工へこぎつけました。...

ようやく竣工し、お引渡し前に内覧会。 と言っても、家族だけですが、仕事を見てもらいたく、みんなで和歌山へ。

いよいよ現場も大詰めです。 天井もきれいに塗装していただきました。 この天井が外の光を拾い、奥まで届けます。

昨年は北大阪の地震のあと、大きな台風が通り、大阪では復旧作業で業種によっては職人さんが不足している状態が続いているようです。和歌山の現場まで行く途中、京都を出てから、和歌山まで家々の屋根を見ていますが、なかなかブルーシートがとれない状態が続いています。 皆さんご不便されていることを思うと心苦しく思います。...

雪が散らつく中、冬の湖東(琵琶湖)へ。 敷地調査に行きました。 水路の音が響く集落内。建物の多くは焼き杉の外壁、瓦、べんがら塗がよく見られました。 敷地は集落と田園の際で南側竹藪の向こうには田園地帯が広がります。

植栽計画のため、勉強も兼ねて造園屋さんに庭木屋さんの古川庭樹園に連れて行っていただきました。...

階段がとりつきました。 上下階をつなぐ重要な要素で北側の採光と上へと誘う階段。 コンパクトな軽い階段になっています。 費用との兼ね合いで既製品を駆使して計画していたのでうまくいくか心配でしたが、 メーカーさんの協力もあり、大工さんがバシッとおさめて下さいました。

今朝、初雪となりました。 音が雪に吸い込まれるのか、とても静かで、降りつもる音も聞こえるようでした。 勢いよく降ってくる雪を見ていると、雪が降りてきているのではなく、ドロシーの家みたいに(オズの魔法使い)家が浮いていっているんじゃないかと錯覚して楽しんでいた小さい頃を思い出しました。...

さらに表示する