出ました!建築家 横内敏人先生作品集第二弾! 「NIWA HOUSE 横内敏人の住宅 2014-2019」(学芸出版社) 2014年に出版された第一弾の「WA-HOUSE」から考えると 「ニワハウス、ニワハウス‥2WA-HOUSE…えっダジャレ?」 ということでリラックスして読んでいただいてよいのではないでしょうか。...

8月16日お盆休み最終日、晴れ!良かった! 撮影は笹の倉舎さんにお声がけしました。 どうしても稲刈り前の美しい田園風景と共に撮りたくて、皆さんに無理言って、調整いただきました。 本当にご協力ありがとうございました。

2020年8月8日(土)~8月16日(日)までは夏期休暇をいただきます。 皆さま良い休暇をお過ごしくださいませ。

「ミナペルホネン/皆川明 つづく」展を見に、兵庫県立美術館へ。 兵庫県立美術館の設計は建築家の安藤忠雄さん。 ミナペルホネンのハンカチ一つにしても、何か幸せな感じが宿っている気がするのは私だけでしょうか?

お引越し後の様子を少し。 いつもお引越し後に行くと格段に良くなったような気がします。 建主とは設計中から十分話をし、同じ方向を向いて進んできたつもりですが、まだ人が入るまではただの物で、人が入ると動きだします。その人色に染まっていることが嬉しいのです。

造園工事。晴れ。 梅雨入り後の造園工事だったので、お天気がどうかと心配していましたが、タイミング良く雨は免れました。 南面は景色がよく、それさえあれば何もいらないという感じですが、北面の和室は緑の中にいるような感じにしたくて、玄関前の植栽も兼ねて、植えていただきました。...

敷地は南北に長い250坪。 北側接道で接道側は将来的に娘さんが家を建ててもいいし、ご主人が起業してもいいし、ということで南北に長い敷地を南側・北側に分けることもできるようにし、景色がひらける南部分に建物を建てました。 建物が道路から遠くなるので、敷地内に車が入られるよう通路を作っています。 旗竿敷地のようになるわけです。

3月始めから、3か月近く、娘同伴出勤が続いていましたが、ようやく学校が始まり一区切り。 皆さんはいかが過ごされましたか? 2月末から段々雲行きが怪しくなって、卒園式できるの?入学式あるの? 現場はどうなるの?輸入品や工業製品が入らない! なんか体がしんどい気もするけど大丈夫? 色々な心配がふくらみましたが、ようやく一息。...

お引き渡しの前日。 一日の変化を確認したく、朝早くから日没まで現場に張りこむ。

お庭は京都で活動されているigune庭さんに協力を依頼しました。 大学の同級生ということをいいことに庭木選びに一緒に連れて行ってもらいました。 南庭は田園のワイドビューが広がるため、視界を遮らず、草広場を作るのみ。 エントランスのある北庭は和室の景色も兼ねて、家の玄関前に植栽コーナーを...

さらに表示する