「第三回 炭火・ほのおのあるくらし デザインコンテスト」で、 「丹生川の古民家」が伊勢市長賞をいただきました。 施主であり、多く施工して下さった久米製作所の久米さん、土壁の施工方法や古民家での納め方を研究し、 考えて下さった丸設計室の丸田さん、ありがとうございました!...

天井を張りました。 夕陽をさらに杉の赤で染めて、奥まで、奥まで‥と作りました。 日没前の景色と存在感を増す天井。

屋根工事を見に再び現場へ。 大工さんの休憩時間に中に入らせていただきました。

2020年2月4日立春、そして、奥様のお誕生日。 真冬にも関わらず、お天気に恵まれておだやかな気候の中、棟が上がりました。

12月、土工事から着工しました。 まずは元畑ということもあり、表土がフワフワとして安定しないため、 深めに土を掘り、石を入れ、転圧しながら、入念に締め固めていきます。

パチン金物をしめて、首かざりの出来上がり! 長女のお誕生日に、次女とお姉ちゃんに似合いそうなビーズを探して、プレゼントしました。 それにお姉ちゃんが糸を通し完成。 お世話するだけだったのが、こうやって一緒に見に行き、意見を聞けるのは、 楽しくなってきたなーと思います。...

さて、畑の作物も刈り取られ、辺りは冬に向かっていく様子ですが、ようやく着工にこぎつけました! 縄を張って位置を確認し、土工事に入っていきます。

Tシャツ作り第二弾! 保育園の運動会の演目である親子太鼓で着るTシャツを作る係になりました。 今年の子供たちは忍者、しかも手にのれるような小さな忍者に見守られながら、過ごしていて、 タイミングで忍者から励ましやヒントが届きます。 というわけでTシャツのテーマも忍者。...

新築工事に先立って解体工事から着工しました。 広い敷地のちょうど真ん中にあたりに古家がずっと建っていて、 草も伸びたい放題になってしまっていたこともあり、 図面上でしか全体像がなかなか見えなかったのですが、ようやく実感。 なんというか、今すぐにでも耕せそうな広大な敷地が広がりました。...

詰めて仕事をしたあと、なかなか無理が効かなくなってきたとジリジリしていると、 娘が帯状疱疹になりました。 1週間保育園お休みが決まり、父の自転車の後ろに乗せられて一緒に出勤。 自分でもこいでみたくなったそうで、コマなし自転車の練習開始。 数日仕事帰りに毎日練習して‥よっ、よっ、ワー! 乗れました。...

さらに表示する