建方(湖東の家)

2020年2月4日立春、そして、奥様のお誕生日。

真冬にも関わらず、お天気に恵まれておだやかな気候の中、棟が上がりました。

棟梁がLDKの大きな屋根を支える大梁をおさめて下さいました。見どころです。

日没まで皆さんがんばって下さいまして、ほぼ木構造が出来上がりました!ありがとうございました!

敷地から見る夕日は本当にきれいで、日没の瞬間は地平線に全てが溶け合うようでした。

「暮らす」という言葉の語源は暗くなることを感じる、日が暮れることを感じることに語源があるそうですが、ここなら毎日暮れることを感じ、体を休め、明日の向かう力を養えるよう感じました。