写真撮影(ひみつの花園)

お引越しをされて少し落ち着かれたということで、竣工写真撮影のために再び和歌山へ。

まずは和歌山市役所の十四階農園で腹ごしらえ。

建主の方から教えていただいていてずっと行きたいと思っていたのですが、

結局現場中もバタバタして行けずじまいで、これも勉強!ということで大急ぎで食堂へ。

とにかく絶景でお城を目の前に、和歌山市内の山から海までを一望することができます。

ここで地元でとれた美味しいものを食べれば、自分の街のいいところを再発見できるだろうなと

思いました。市役所内に市民が集える場所があるというのも良いよう思いました。 

さて現場には二月ぶりにお邪魔すると、造園工事で植えていただいた草木が夏に向けてグングン緑が濃く

なっていました。

撮影は施工でお世話になりました冨田工務店さんのご紹介で、長岡写真事務所の長岡さんに撮っていただきました。

 

やっぱり庭があるのとないのでは全然違うねと話しながら撮影開始。

ドローンまで飛ばしていただいて、その安定した飛行、ブレのなさにびっくり。

建物を作るときに人の目線ばかり気にしていましたが、こうなってくると鳥の目線も気にする必要があるなぁ

と勉強になりました。

 

夕方カメラマンさんの集中を妨げまいと静かに庭へ植えた木の木漏れ日が風で動いているのを見ていると

西の高窓から光が差し込んできて、あれ?これ模型で覗いたまんまだ!とあたりまえなのですが、

何年かごしに同じ光景が目の前に現れたので、私もパシャリ。

またまとまりましたら、写真をアップできればと思います。