湖東の家

敷地は琵琶湖東部の水郷地帯。集落内には多く自噴井戸をもつ家があり、絶えず水の音が聞こえてくる。その流れは水路で交わり、大きくなりながら、湖へ向かって流れていく。敷地は集落の南端、広大な田園地帯に面し、東には山並み、西には湖の向こうの湖西の山々も望むことができる。建主は西の景色を気に入り、湖に向かって開く計画となった。

抜群のロケーションの中でも湖の側に沈む夕日は格別のように思えた。現地の夕暮れを、西から差す直射光と湖からの明るさに加え、インナーテラスの土間からの反射光を天井でとらえることにより、顕在化させようと考えた。

LDK南には、広がる美しい田園風景を望むため、横長窓が設置されている。それに加え、西の景色を望むため、インナーテラスとそれにつながる西向きの窓を用意した。インナーテラスからは外気を感じながら、直接日没を見ることができる。居間のソファからは直接太陽を見ることはなく、西から差す強い光を天井の杉板に当てながら宅内に導くことで、杉の赤みで、夕陽をより赤く染める。光の方向に木目をそろえ、一定の目地幅をとり、光の方向性をより意識するものとした。大きな音のあとの小さな音が、より小さく聞こえるように、強い西日を助長することでそのあとの静けさがより引き立つのではないか。その静けさを感じ、明日への英気を養う時間となる。

敷地は水の豊富な地域のため、地面からの湿気を遠ざけ、田園を見下ろすことができるよう、床高を高めに設定した。一階床と地面との中間領域として、南開口部の外側にテラスを作り、外廊下のようになっている。

建物の配置は将来北敷地の利用を考慮し、湖を望める位置まで南下させ、集落側の北敷地は半開放の広場とし、コミュニケーションの場となっている。


〇建主の要望

敷地西側の眺望を取り入れる

平屋または平屋に近い構成

縁側のような空間

南北のぬけ

インナーテラス

インナーガレージと台所への動線

小さな和室

物干と衣類収納を隣接

水廻りの清掃性


〇建築データ

設計監理/烏野建築設計室 

構造/ライン設計室

施工/建築工房中野

造園/igune庭 

所在地 /滋賀県

主要用途/専用住宅

家族構成/夫婦+子供2

竣工年/2020

規模/地上2

敷地面積/816.61

建築面積/137.02

  建蔽率15.90

    (許容60   %)

延床面積/153.20

  容積率 17.35

   (許容160  %)

構造/木造在来工法

主な外部仕上げ/

屋根-塗装ガルバリウム鋼板

   たてハゼ葺き

外壁-杉荒板OS塗装

   押し縁抑え 

建具-アルミサッシ

   木製建具  

主な内部仕上げ/

天井-杉板本実張

壁 -エマルジョンペイント塗装

床 -カバユニフローリング

   オイルフィニッシュ