丹生川の古民家

家具工房を営むご家族のための住宅兼家具のショールーム。また親世帯はセカンドハウスとして利用。敷地は北が斜面の河岸段丘上の集落にあり、眼下には美しい田園風景、向かいには山々が見える。段丘沿いには冬の北風を防ぐため木が植えられ、川沿いの美しい景観を生み出している。丘下からは渓流の川音、又周囲の水路から水音が聞こえ、川から風が吹いてくる。敷地には主屋、板倉、倉庫2棟が建っていて、そのうち主屋を改修する計画だった。主屋は大部分が明治期に建てられた古民家で長らく

放置されたことにより、積雪のため北屋根の一部が崩落していた。

エントランスのある東側は若世帯のスペース、建物中央のLDKを挟んで、暖かな南西に親世帯の部屋として座敷を用意し、その北側が水回りとなっている。家の中心に熱容量の大きい鉄のストーブを据え、家の芯から温める原始的な構成としている。段丘上の眺望を生かし、北の景色臨む北窓を配置し、内側には断熱性のあるスクリーンを設置している。

施主は、持続可能な生活を形にしたいという強い意志があり、地球に還る材料として木、土(土壁)、紙、断熱材の羊毛メインに工業製品のガラスとサッシなどの構成要素とし、日々工房から出る木片を熱源に利用する計画だった。コスト削減のための材質の妥協を施主は許さず、希望予算を目指し、施工で活躍していただくこととなった。幸い施主は木工のプロであり、家具工房のショールームにもなるこの家を、自身で施工することで、家具からはじまり、家の細部まで久米製作所の家具のイメージで満たすことができるのではないかと考えた。施主の気に入った古い大きな骨格を

尊重しながら、繊細な久米製作所の家具に向かって、中間的な材量で肉付けしながら補強していく作業となった外部は耐久性が求められるため、真壁(構造材が露出)から大壁に変更し、古い構造材を仕上げ材で覆い守り、内部は力強い構造材を見せる意匠にしている。修復や補強した材は、内部では無塗装メインとし、金継のよう継ぎも愛おしく思えるよう、時間や出来事の経過をそのまま表現している。構造は事前に耐震改修が済んでいたが、一部壁の追加や材寸のアップの対処をした。断熱性は新設壁には羊毛を充填、外壁妻面土壁部分など一部は内側にボード状断熱材を貼りこんでいる。気密性は外壁沿いを防風材で覆い対応した。開口部の多い南西部は、外部から直に居室とせず、既存の縁側を残し、分厚い空気の断熱層と考えている。家具・建具や飾り棚などの造作は施主が担当し、材は彼らの作る家具と合わせ、山桜材・真鍮をメインとし、材寸も繊細な作品に合わせ、細めの材を組み合わせて統一を図った。設計当初から施工者が関わり、古材に対しての施工方法の検討、土も含め材料調達、木の意匠材の効率化などの協力を得れたこと、また施主のスキルにより成し遂げられたように思う。

夏は川から風を通し、寒い冬の熱源は家具工房から出る端材が薪ストーブの熱源に代わっていく。また給湯設備も薪ボイラーを利用。家の中心にある大きな薪ストーブに火が灯ると、建物が息を吹き返した。 


設計/烏野建築設計室 

施工、設計協力/丸設計室

        (有)丸翔アルミ建材

家具・建具・外構/久米製作所

(一部木造作・左官)

所在地/岐阜県

主要用途/専用住宅

家族構成/夫婦+子供2

竣工年/2018

規模/平屋建一部ロフト 

構造/木造伝統工法

敷地面積/2361㎡(715.45坪)

建築面積/176.83㎡(53.58坪)

延床面積/151.47㎡(45.90坪)

主な外部仕上げ/

  屋根-塗装ガルバリウム鋼板

     横葺き

外壁-杉荒板南京下見板張

軒天-杉化粧野地板

建具-木製建具(久米製作所)

   アルミサッシ     

主な内部仕上げ/

天井-杉板本実張

壁 -土塗壁

   中塗り仕上げ

床 -杉厚板

   浮造り加工本実張 


写真:笹の倉舎/笹倉洋平

 

第三回炭火・ほのおのあるくらし 

デザインコンテスト 伊勢市長賞 受賞

 

チルチンびと106号(2021冬号)掲載

 


丹生川古民家 1/50模型
模型 1/50 写真左側が北
配置図
配置図


施工前