お引越し後(湖東の家)

お引越し後の様子を少し。

いつもお引越し後に行くと格段に良くなったような気がします。

建主とは設計中から十分話をし、同じ方向を向いて進んできたつもりですが、まだ人が入るまではただの物で、人が入ると動きだします。その人色に染まっていることが嬉しいのです。

続きを読む

造園工事(湖東の家)

造園工事。晴れ。

梅雨入り後の造園工事だったので、お天気がどうかと心配していましたが、タイミング良く雨は免れました。

南面は景色がよく、それさえあれば何もいらないという感じですが、北面の和室は緑の中にいるような感じにしたくて、玄関前の植栽も兼ねて、植えていただきました。

前面道路側の北窓は道路から遠いとはいえ、少し目隠しがあった方が障子を開けてもらえるだろうと思ったこともあります。

和室に座り、窓の切り取られたフレームの中を確認。ちょっとしたことですが、無かった部分に枝が入ってくると、複層的になり、見え方が変わってきます。

今回は庭が広いので、職人さんに大きな骨格を作っていただき、少しずつ育てていっていただく、方針です。

続きを読む

外構工事(湖東の家)

敷地は南北に長い250坪。

北側接道で接道側は将来的に娘さんが家を建ててもいいし、ご主人が起業してもいいし、ということで南北に長い敷地を南側・北側に分けることもできるようにし、景色がひらける南部分に建物を建てました。

建物が道路から遠くなるので、敷地内に車が入られるよう通路を作っています。

旗竿敷地のようになるわけです。

続きを読む

お引き渡し前日(湖東の家)

お引き渡しの前日。

一日の変化を確認したく、朝早くから日没まで現場に張りこむ。

続きを読む

庭木選び(湖東の家)

お庭は京都で活動されているigune庭さんに協力を依頼しました。

大学の同級生ということをいいことに庭木選びに一緒に連れて行ってもらいました。

南庭は田園のワイドビューが広がるため、視界を遮らず、草広場を作るのみ。

エントランスのある北庭は和室の景色も兼ねて、家の玄関前に植栽コーナーを

作っていただきます。あとは残土処理も兼ねた築山と広場の予定です。

候補ははこの子たち。

続きを読む

野田版画工房

たまたまですが、今回敷地のあるmade in 東近江のものがいくつかあります。

その一つの野田版画工房さんの襖紙。

建主のご希望でお願いすることになりました。

他の内装のイメージからまず下地となる襖紙の色を選びます。

それに地模様となる版を選ぶ。 

続きを読む

仕上げ(湖東の家)

GWが明けると、南側の田んぼに水が張られました。

外部足場がとれ、壁にクロスも貼られ、室内が急に明るくなりました!

さらに塗装で仕上げます。

続きを読む

木工事ほぼ完了(湖東の家)

最後複雑な取り合いの部分をおさめて下さって、ほぼ木工事が完了しました。

大工さんはホッとされたご様子で、「最初は、こんなに図面を見る習慣も無かったし、断っていたんだよー」と

話して下さいました。追い追われながら図面を描くというような日々でしたが、応えて下さいまして、ありがとうございました! 

続きを読む

祠(湖東の家)

家の南側どの窓からも見える畑の中の茂み。

工事の無事竣工を祈願しに、挨拶に行ってみようと、茂みまで散策。

人もいないので、恐々鳥居をくぐり、お社の前に立つ。

お賽銭箱があったので、一つ。チャリン‥

 

わー!わー!わー!   

 

バサバサバサッ!

 

お賽銭の音にびっくりして、鳥が一斉に飛び立っていきました。

巣になっているんですかね?

びっくりしすぎて、ろくにお参りもせず、再び現場へ戻るのでした。

 

続きを読む

天井張り(湖東の家)

天井を張りました。

夕陽をさらに杉の赤で染めて、奥まで、奥まで‥と作りました。

日没前の景色と存在感を増す天井。

建方の次の日(湖東の家)

屋根工事を見に再び現場へ。

大工さんの休憩時間に中に入らせていただきました。

続きを読む

建方(湖東の家)

2020年2月4日立春、そして、奥様のお誕生日。

真冬にも関わらず、お天気に恵まれておだやかな気候の中、棟が上がりました。

続きを読む

土工事~基礎工事(湖東の家)

12月、土工事から着工しました。

まずは元畑ということもあり、表土がフワフワとして安定しないため、

深めに土を掘り、石を入れ、転圧しながら、入念に締め固めていきます。

続きを読む

縄張り(湖東の家)

さて、畑の作物も刈り取られ、辺りは冬に向かっていく様子ですが、ようやく着工にこぎつけました!

縄を張って位置を確認し、土工事に入っていきます。

続きを読む

お見積り依頼(湖東の家)

何とかお盆前に実施設計をまとめ、お見積りを依頼。

いつも締め切り前は「何でこー全部タイミング重なってくるのー!(涙)」となっているような。

長女には8月の次女の誕生日会に余裕をもって臨めないのはお母さんが締め切りがわかっているのに、ちゃんと早く終わらせないからと怒られ、「時間がある限り、ちょっとでも良くしようとねばらなあかんの!」とケンカできるようになってきたのも、みんなしっかりしてきたなと思います。

あとは倒れこむように今年のお盆も実家でお世話になり、プール、台風、プール。

せっかくのお休みに台風がくるのは残念でしたが、最近は嫌いだった雨の日も「今日はそこそこでもいいよ」と言われているようで、ほっとするような気がします。

お盆が明けて、施主とお打合せにお伺いすると、ご夫妻共に、お疲れのご様子で、建主の方もこんなにがんばって下さっていたんだなぁと申し訳ないような心強いような気がいたしました。ありがとうございます。さて、工事は奥様のお父様がお力添えいただける予定です。よろしくお願いいたします。 

続きを読む

実施設計(湖東の家)

実施設計が始まりました。

手書きの断面で大まかな方針や問題点を認識して、CADに入っていきます。

CADは針金細工みたいに線を延ばしたり、縮めたり。

何通りも検討しながら、削り出されていきます。

続きを読む

基本設計(湖東の家)

基本設計のまとめです。

続きを読む