丹生川の古民家

家具工房を営む若世帯のための住宅兼家具のショールーム。また親世帯のセカンドハウスとしても利用。

敷地は段丘上にあり、丘下から向かい山々までを一望できる立地でした。大部分は明治期に建てられた古民家で30年ほど放置されていました。建物の東側は若世帯のスペース、中央にLDKを挟んで暖かな南西に親世帯の部屋を用意しました。LDKはワンルームとし、南側は陽気を取り入れる窓、北側は景色を一望できるピクチャーウィンドーとなっています。できるだけ地球に還る構成材料をコンセプトに土壁、板、無垢材(主に山桜)の建具や家具で構成されている。家具職人による施主が家具、建具 、加えて、土壁の施工まで腕をふるってくださいました。建物の中心にある薪ストーブに火が灯ると建物が息を吹き返したようでした。